6日目:阿蘇くじゅう観光圏講師実践例②

6日目:阿蘇くじゅう観光圏講師実践例②(10月17日開催)

講師 井手修身 校長 専門学校イデアITカレッジ阿蘇

福岡でイデアパートナーズ経営。
学校自体がベンチャー学校。企業した経緯、わけ。
南阿蘇村ガソリンスタンド、栃木温泉で生まれ育つ。熊本の大学で人形劇。建築学科。

自分がうれしい時は?チームで何かを作り出すこと。リクルートへ。10年目すぎてから、地域活性事業に取り組む。「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」熊本県水上村:水の上の学校。

10年目で独立起業する。地域活性化事業。九州ツーリズム大学の2期生へ、地域づくり地域活性化の原点。仲間、同士ができた。雲仙の旅館再生。

グループワーク①(PBL)

私は0を1にする。ワクワク感を大事にする。
塾生のみなさまの選択のきっかけ・物差しは?

〇野村さん きっかけ:熊本地震 ものさし:次の世代に渡せるのか
〇島川さん きっかけ:主人の希望を支える
〇井上さん きっかけ:出会ったから ものさし:地球を守りたい
〇高藤さん きっかけ;農業があっている

地域活性化事業はマーケティングが大事。
国内・国外観光事業の動向。コロナ時代の中でやり残したこと、あたらしく始めたこと。
新しく挑戦したいこと。ニューノーマルからマイノーマル。ITの技術を活用する。量から質へ。地域資源活用ビジネスは、地域資源をマーケティングの基づいて顧客を創造し、持続可能なカタチにする。ターゲッティングが重要。ターゲットを詳細に想定する。
水上村 ログハウスビルダーの井手さん。ログハウス造りの体験コンテンツ。森の暮らしを学ぶログハウスづくり。丸太工房 水上。

グループワーク②

新型コロナウイルス感染下、恒例の音楽イベントの開催について考える。

① 既存のイベントを実施する。
② 新しい観光イベントを実施する。
③ 開催しない。

〇野村さん:①市民のニーズ、今までの実績からブラッシュアップしやすい。
〇鹿山さん:①イベント開催。情報が少ない。どう開催するのか。
〇田中さん:②リフレッシュして新しい企画。既存のイベントの再評価。

答えはない。マンネリ化などはよく観光協会で議論されている課題。

福岡で日本最大のバルウオークを開催している。お店1件に200~300人のお客さんが見込まれる。今年の5月に福岡で開催することができるのか。同開催するのか。数値のエビデンスを示して、自分たちでマネジメントできるのか。チケットレス、混雑の平準化のイベントで開催した。ITの利活用することが重要。

長崎県の波佐見町。波佐見焼。地元の方と朝めし会。学びの場。波佐見焼を女性をターゲットにフォーカスする。仲間内で人、情報、知恵のあつまる場を作る事が重要。西野原でカフェ、雑貨屋、ボルダリングなどがあつまる拠点を作る。長崎県の観光拠点ができあがる。地域興し協力隊のかたが焼き物のお守り、コンプラを作る。編集、加工する外部の人。平日の昼間に女性の方があつまる。豆皿ランチの企画を提案する。女性のお客さんがあつまる。情報の編集加工が必要。

イデアITカレッジ阿蘇設立のお話。

長陽村の保健センターを利活用している。下宿の大家さんが協力。

学校を作った理由、熊本地震からの復興。人の集まる場所を作る。144―83。62万人の人口が減少している。80万人のIT人材が不足してくる。3年前に構想を作る。お金は寄付で集める。マーケティングが重要、阿蘇に学生が集まるのか。33名の1期生。10名の国際学生。永遠に完成しない学校、進化し続ける学校。変化を許容する。クラウドファンディング、何に共感するのか。IICAサポーター。ITソリューション学科(システム、プログラム)グローバルITビジネス学科(観光、マーケィング)。注文式授業、40社の事業者との提携。教科書はない、パソコンでクラウド上にあがる。ミャンマーとのハイブリッド授業をおこなう。フィールド阿蘇。農園を訪れ課題解決をIT技術でおこなう。黒川温泉に集客について学ぶ。

鈴木副校長のご紹介。高森高校とのオンライン海外修学旅行、海外研修を実施する。ミャンマーとのオンライン英語教育。ミャンマーからの海外留学についての事業。

ラーケーション阿蘇の事業紹介。

マーケティング、6W2H。地域で事業をおこなうには、本質の部分が重要。なぜこの事業をおこなうのか。何のためにおこなうのか。

一人では事業はできない、学校経験者はいない。共感者を集めることが大切。

施設見学

質問タイム

後援団体

  • 九州財務局
  • 熊本県八代市・天草市・玉名市
  • 和歌山県田辺市
  • 富山県南砺市
  • 株式会社日本政策金融公庫 熊本支店
  • 熊本県信用保証協会
  • 株式会社熊本銀行 阿蘇支店
  • 熊本県信用組合 高森支店
  • 阿蘇市商工会
  • JA阿蘇